エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤晴夫)は、2019年5月31日~6月4日に米国シカゴで開催される「第55回米国臨床腫瘍学会(American Society of Clinical Oncology:ASCO)年次総会」において、当社が創製したレンバチニブメシル酸塩(マルチキナーゼ阻害剤、製品名:「レンビマ」、以下 レンバチニブ)、エリブリンメシル酸塩(ハリコンドリン系微小管ダイナミクス阻害剤、製品名:「ハラヴェン」、以下 エリブリン)、MORAb-202(抗体薬物複合体、ADC:antibody-drug conjugate)、およびオンコロジー領域のプレシジョンメディシンの研究開発に重点を置く当社米国子会社H3 Biomedicine Inc.創製のH3B-6527(線維芽細胞増殖因子受容体4阻害剤)、H3B-6545(選択的エストロゲン受容体α共有結合型アンタゴニスト)に関する最新情報を発表することをお知らせします。

プレスリリースはこちら