鎌田真由美 医学研究科准教授、荒木望嗣 同特定准教授、奥野恭史 同教授、安田浩之 慶應義塾大学専任講師、浜本純子 同特任助教、池村辰之介 同助教、副島研造 同教授、土原一哉 国立がん研究センター先端医療開発センター分野長、小林進 同分野長、後藤功一 同東病院科長、松本慎吾 同医長、河野隆志 同研究所分野長らのグループは、LC-SCRUM-Japanで構築した日本最大のがん臨床ゲノムデータを活用し、スーパーコンピュータ「京」を用いた予測システムにより、肺がんの遺伝子変異に対する薬剤有効性が高精度に予測可能なことを確認しました。

プレスリリースはこちら