当社は加齢黄斑変性症に対する新薬候補として、RBM-007(抗FGF2アプタマー)のPhase1/2a臨床試験(ニックネーム SUSHI Study)を、米国において昨年10月から開始いたしました。

プレスリリースはこちら