早稲田大学理工学術院の山口潤一郎(やまぐちじゅんいちろう)教授らは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所(ITbM)の中道範人(なかみちのりひと)准教授らと共同で、低分子化合物を使って植物時計に関わる新たなタンパク質とその働きを発見しました。今回の低分子化合物の発見により、将来的な地球環境変動に対する適応策の一環である花成時期調節を目指した化合物(植物調整剤)の開発へ向けた取り組みが加速すると期待されます。

プレスリリースはこちら