大日本住友製薬株式会社の米国子会社であるサノビオン・ファーマシューティカルズ・インク(以下「サノビオン社」)とPsychoGenics, Inc.は、このたび、ドパミンD2受容体に作用しない新世代の統合失調症治療剤を目指して開発中のSEP-363856(開発コード、以下「本剤」)について、米国食品医薬品局(FDA)よりブレイクスルーセラピー指定(Breakthrough Therapy Designation)を受領しましたので、お知らせします。

プレスリリースはこちら