琉球大学・戦略的研究プロジェクトセンターの佐藤行人・特命講師、同大学院・医学研究科のトーマ・クラウディア・准教授、新潟大学・医学部保健学科のサトウ恵・助教、神戸大学大学院・人間発達環境学研究科の源利文・准教授らは、保菌動物の尿から川や土壌を経由してヒトに感染する病原体レプトスピラについて、河川の水から直接DNAを検出することに成功しました。さらに、レプトスピラと同時に出現する動物のDNAを分析することによって、レプトスピラの保菌動物の候補(イノシシやオオコウモリなど) を推定できることを示しました。

プレスリリースはこちら