慶應義塾大学薬学部薬物治療学講座の齋藤義正准教授らの研究グループは、難治性がんの代表である胆道がん患者から提供されたがん細胞を体外で長期間培養し、それらの細胞を用いて薬物スクリーニングを行うことにより、白癬菌(水虫)の治療薬であるアモロルフィンおよびフェンチコナゾールが胆道がんの新たな治療薬となる可能性を見出しました。

プレスリリースはこちら