この度、Spiber株式会社(取締役兼代表執行役 関山 和秀、以下「当社」)は、タイ国 東部のラヨーン県に位置するイースタンシーボード工業団地に建設準備を進める構造タンパク質の発酵・精製プロセスを担う量産プラント建設に向けた資金調達の一環として、株式会社三菱UFJ銀行(取締役頭取執行役員 三毛 兼承)とシンジゲート方式による50億円の実行可能期間付タームローン契約を締結しました。本契約には、株式会社山形銀行(取締役頭取 長谷川 吉茂)、株式会社荘内銀行(代表取締役頭取 上野 雅史)、鶴岡信用金庫(理事長 佐藤 祐司)の地域金融機関3社にも参画いただきました。

プレスリリースはこちら