塩野義製薬株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:手代木功、以下「塩野義製薬」または「当社」)は、当社がGlaxoSmithKline plc.および Pfizer Inc.とともに資本参加しているViiV Healthcare Ltd.(本社:英国ロンドン、Chief Executive Officer:Deborah Waterhouse、以下「ViiV社」)が2019年4月8日に、抗レトロウイルス療法の治療歴がなく、ドルテグラビル(DTG)、ラミブジン(3TC)のいずれにも薬物耐性が認められていない成人HIV-1感染症の適応で、米国食品医薬品局(FDA)が1日1回投与のDTG/3TCの配合錠であるDovatoを承認したことを発表しましたので、お知らせいたします。

プレスリリースはこちら