神戸大学大学院医学研究科附属感染症センター・臨床ウイルス学分野 森康子教授らの研究グループは、ヒトヘルペスウイルス6Bの感染に対して中和活性のあるマウス抗体をヒト化する事に成功しました。

プレスリリースはこちら