国立研究開発法人国立がん研究センター(理事長:中釜斉、東京都中央区)研究所分子細胞治療分野(落谷孝広プロジェクトリーダー[現 東京医科大学医学総合研究所分子細胞治療部門教授]、松崎潤太郎特任研究員)、中央病院骨軟部腫瘍科(川井章科長、浅野尚文医員[現 慶應義塾大学医学部整形外科学教室助教])、分子発がん研究ユニット(土屋直人ユニット長)らの研究チームは、悪性の骨軟部腫瘍を血液で高精度に識別可能な新規診断バイオマーカーを同定しました。

プレスリリースはこちら