田辺三菱製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:三津家正之、以下「当社」)は、マラリア治療の研究機関であるMedicines for Malaria Venture(以下、MMV)と共同研究を進めており、このたび、新規抗マラリア薬の候補となるリード化合物2種類を取得し、これらの最適化を進めるプログラムについて、公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金(Global Health Innovative Technology Fund、以下「GHIT Fund」)から1.92億円の助成を受けることとなりました。

プレスリリースはこちら