筑波大学医学医療系竹越一博教授らの研究グループが臨床研究を実施した、希少疾患である褐色細胞腫の新しい検査法「血中遊離メタネフリン測定法」が保険収載され、臨床では2019年4月以降に測定が可能となります。

プレスリリースはこちら