理化学研究所(理研)科技ハブ産連本部バトンゾーン研究推進プログラム植物新育種技術研究チームの戸田絵梨香リサーチアソシエイト(研究当時、現研修生・首都大学東京大学院理学研究科生命科学専攻博士後期課程)、加藤紀夫チームリーダー(日本たばこ産業株式会社主任研究員)、首都大学東京大学院理学研究科生命科学専攻の岡本龍史教授、徳島大学大学院社会産業理工学研究部の刑部祐里子准教授らの共同研究グループは、植物受精卵を対象としたゲノム編集方法の確立に成功しました。

プレスリリースはこちら