ノバルティスファーマ株式会社(代表取締役社長:綱場一成)は、本日、再発又は難治性のCD19陽性のB細胞性急性リンパ芽球性白血病(B-ALL)および再発又は難治性のCD19陽性のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)を対象として、国内で初となるキメラ抗原受容体T細胞(CAR-T細胞)療法「キムリア点滴静注」(一般名:チサゲンレクルユーセル、以下「キムリア」)の製造販売承認を取得しました。

プレスリリースはこちら