神戸大学大学院人間発達環境学研究科の蘆田弘樹准教授は、奈良先端科学技術大学院大学の橫田明穂名誉教授、大阪大学工学研究科の溝端栄一講師らとの共同研究により、生物の光合成能力差に大きく影響を与える、CO2固定酵素ルビスコのCO2識別能力に活性部位表面の電荷分布が関与していることを明らかにしました。

プレスリリースはこちら