東京大学大学院医学系研究科の柏木有太郎助教、岡部繁男教授らの研究グループは、超解像顕微鏡の手法の1つである構造化照明法を用いて、神経細胞のつなぎ目であるシナプスの形態、特に樹状突起スパイン(スパイン)と呼ばれる構造の表面形状をナノスケールで解析する技術を開発しました。

プレスリリースはこちら