イーライリリー・アンド・カンパニー(以下リリー)は、本日、サイラムザ(ラムシルマブ)の第3相試験(RELAY)のサイラムザ+エルロチニブの併用療法は主要評価項目である無増悪生存期間(PFS)においてプラセボ+エルロチニブの併用に比べて統計学的に有意に延長したことを発表しました。本試験は、活性型 EGFR(上皮成長因子受容体)遺伝子変異陽性の転移性非小細胞肺癌(NSCLC)患者を対象とした第3相無作為化二重盲検試験であり、一次治療として、サイラムザ+エルロチニブの併用療法をプラセボ+エルロチニブの併用と比較しています。

プレスリリースはこちら