九州大学生体防御医学研究所の中山敬一主幹教授、西山正章助教(現 金沢大学・教授)、武藤義治研究員、諸石寿朗研究員(現 熊本大学・准教授)らの研究グループは、肝臓がん患者のがん組織で、FBXL5というたんぱく質が減少していると生存率が低下してしまうことに着目し、同様の状態をマウスで再現したところ、肝臓に鉄がたまって肝臓がんの発がんが促進されることを見出しました。研究グループはこのマウスを用いて肝臓の過剰な鉄が発がんを促進するメカニズムを解明し、将来の治療応用に向けた基盤を確立しました。

プレスリリースはこちら