徐淮耕 医学研究科博士課程学生、王博 iPS細胞研究所研究員、金子新 同准教授、堀田秋津 同講師らの研究グループは、ゲノム編集技術のCRISPR-Cas9を用いて、他家移植の際に免疫拒絶のリスクが少ないiPS細胞を作る2つの方法を開発しました。

プレスリリースはこちら