冠攣縮性狭心症は、心臓の動脈(冠動脈)の血管の筋肉(血管平滑筋層)が一過性に過剰に収縮(攣縮)することで血管が狭窄・閉塞をきたし、冠動脈の血流が減少・途絶することで心筋が虚血状態になり胸痛等の症状が起きる病気です。

プレスリリースはこちら