国立研究開発法人産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)生物プロセス研究部門【研究部門長 田村 具博】生物共生進化機構研究グループ 古藤 日子 主任研究員、森山 実 主任研究員らと、国立大学法人 東京大学【総長 五神 真】(以下「東大」という)大学院薬学系研究科 三浦 正幸 教授、創薬機構 岡部 隆義 特任教授、ローザンヌ大学 生物・医学部 生態進化学科 Laurent Keller教授らは、アリでは、神経ペプチドの一つであるイノトシンが、体表面の炭化水素の合成を制御し、労働アリの乾燥環境への耐性向上に寄与することを明らかにした。

プレスリリースはこちら