名古屋大学大学院医学系研究科(研究科長・門松健治)脳神経外科学(若林俊彦教授)の夏目敦至(なつめあつし)准教授、Melissa Ranjit(メリッサ ランジト)研究員(筆頭著者)、平野雅規(ひらのまさき)研究員(筆頭著者)、腫瘍病理学の榎本篤(えのもとあつし)准教授、高橋雅英(たかはしまさひで)教授、北里大学医学部病理学の加藤琢哉(かとうたくや)助教らの研究グループは、RET finger proteinの働きを抑えることによって、悪性脳腫瘍である膠芽腫(こうがしゅ)に対する化学療法の効き目が改善することを示し、さらに次世代シーケンサーを用いた解析により、それに関連するメカニズムを明らかにしました。

プレスリリースはこちら