名古屋大学細胞生理学研究センター(CeSPI)/大学院創薬科学研究科の中村駿研究員、入江克雅助教、藤吉好則客員教授らの研究グループは、大阪大学大学院生命機能研究科・医学系研究科の月田早智子教授らとの共同研究により、皮膚や血液 脳関門の形成といった生体内でのバリア機能を担うタンパク質であるクローディンの一種であるクローディン3の形を原子レベルで明らかにすることに成功しました。

プレスリリースはこちら