東北大学大学院生命科学研究科の牧野能士教授と河田雅圭教授は、侵略的外来種のゲノム中に重複遺伝子が多く含まれていることを発見しました。

プレスリリースはこちら