岩手大学理工学部生命コースの福田智一教授、東京農業大学ゲノムセンターの小林久人准教授(現所属、奈良県立医科大学)、つくば遺伝子研究所の安江博代表取締役の研究グループは、福田教授が作製した高品質(受精卵の状態に近い)なブタiPS細胞の全遺伝子の発現解析を行いました。

プレスリリースはこちら