理化学研究所(理研)生命医科学研究センター疾患遺伝研究チームの山本雅チームリーダー(沖縄科学技術大学院大学細胞シグナルユニット教授)、鈴木亨上級研究員らの共同研究グループは、生物の成長過程で肝臓が成熟した機能を獲得するために、メッセンジャーRNA(mRNA)を分解する酵素が大きな役割を果たすことを発見しました。

プレスリリースはこちら