東京大学大学院工学系研究科の山東 信介教授、津本 浩平教授、野中 洋講師ら、東京大学医科学研究所の長門石 曉特任准教授、大阪大学の杉原 文徳助教、量子科学技術研究開発機構の高草木 洋一主任研究員、青木 伊知男チームリーダーらの共同研究グループは、がんやマラリアなどの病気に関わるセリン代謝酵素(セリンヒドロキシメチルトランスフェラーゼ:SHMT)に対する世界初のセンサー分子の開発に成功しました。

プレスリリースはこちら