北海道大学大学院薬学研究院の柏倉淳一講師・松田 正教授らの研究グループは、アダプター分子であるSTAP-2が、IgEに依存する刺激を受けた際にアレルギー炎症反応(好塩基球活性化応答)を増強させるという新たな機能を見出しました。

プレスリリースはこちら