平井豊博 医学研究科教授、興梠陽平 医学部附属病院医員、後藤慎平 医学研究科特定准教授らの研究グループは、iPS細胞研究所などと共同で、遺伝性間質性肺炎を示すヘルマンスキー・パドラック症候群2型患者由来のiPS細胞から作成した肺胞上皮細胞の解析を行い、肺サーファクタントの貯留・分泌を担う「ラメラ体」と呼ばれる構造に異常があることを明らかにしました。

プレスリリースはこちら