ダイダン株式会社(本社:大阪市西区、社長:藤澤一郎)は、再生医療向けに細胞を培養・加工するためのクリーンルーム施設であるCPF(Cell Processing Facility:細胞培養加工施設)をユニット化した「オールインワンCPユニット」(CP: Cell Processing)を開発しました。既設の医療施設内にも簡易に設置が可能であり、病院内で治療用の細胞を培養・加工するクリーンルームをコンパクトにそして安価に構築が可能となりました。CPFの導入を容易にすることで、再生医療分野の産業化に貢献するものと考えています。

プレスリリースはこちら