九州大学大学院理学研究院の松森信明教授と理学府博士後期課程2年稲田壮峰大学院生の研究グループは、福井大学医学部の老木成稔教授の研究グループと共同で、膜タンパク質に相互作用する脂質を簡便に特定する方法の開発に成功しました。

プレスリリースはこちら