理化学研究所(理研)生命機能科学研究センター転写制御構造生物学研究チームの関根俊一チームリーダー、江原晴彦研究員、東京大学定量生命科学研究所の胡桃坂仁志教授、鯨井智也助教らの共同研究チームは、真核細胞の遺伝子発現を担う「RNAポリメラーゼII(RNAPII)」が、ヒストンに巻きついたDNA(ヌクレオソームDNA)をスムーズにほどきながら塩基配列を読み取り、RNAに転写する仕組みを解明しました。

プレスリリースはこちら