協和メデックス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 取締役社長:小野寺 利浩、以下「協和メデックス」)は、京都大学大学院農学研究科 橋本 渉教授および摂南大学理工学部 村田 幸作教授との共同研究により、糖尿病診断におけるヘモグロビンA1c(以下、HbA1c)の測定試薬に応用可能な新たな酵素「HbA1cダイレクトオキシダーゼ(以下、HbA1cOX)」を開発したことをお知らせします。

プレスリリースはこちら