杏林大学医学部生化学教室の今泉美佳教授、山梨大学医学部生化学講座第一教室の大塚稔久教授らによる研究グループは、アクティブゾーンタンパク質ELKS(エルクス)がインスリンを膵β細胞から血管方向へ効率良く分泌させていることを見出しました。

プレスリリースはこちら