JST戦略的創造研究推進事業において、北九州市立大学国際環境工学部の天野史章准教授らの研究グループは、室温においてエネルギーの低い可視光を利用してメタン(CH4)を一段階でエタン(C2H6)と水素(H2)に変換できる新しい光電気化学反応プロセスを開発しました。

プレスリリースはこちら