名古屋大学環境医学研究所の山中章弘教授、山下貴之准教授らの研究グループは、科学技術振興機構(CREST、さきがけ、SICORP)の支援を受けて、東北大学大学院生命科学研究科の八尾 寛 名誉教授、東京工業大学との共同研究で、光ファイバーを実験動物に刺入せず、ファイバーレスにて神経活動を操作する技術を開発しました。この方法により、実験動物が実験中に痛みを伴わないことから、今後、より一層、神経回路機能の解明に応用されることが期待されます。

プレスリリースはこちら