当社開発品RBM-007(抗FGF2アプタマー、適応症:滲出型加齢黄斑変性症)の米国での第I/IIa相臨床試験について、第1コホート(低用量群)の安全性が確認され、第2コホート(第1コホートより投与量が増加)の最初の患者への投与が行われましたので、お知らせいたします。

プレスリリースはこちら