Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.(米国とカナダ以外ではMSD)は本日、進行・転移性食道がんまたは食道胃接合部がんの二次治療における単独療法として抗PD-1抗体KEYTRUDAを評価する第3相試験KEYNOTE-181の結果を初めて報告すると発表しました。

プレスリリースはこちら