デンカ、“ノロウイルスワクチンシーズ”に関するライセンス契約締結のお知らせ

(2019.01.11 13:31)

 デンカ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山本学)は、この度、日本医療研究開発機構(AMED、理事長:末松 誠)の「新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業」で開発された“ノロウイルスワクチンシーズ”の成果物に関し研究代表を務めた片山和彦氏(現北里大学北里生命科学研究所・感染制御科学府ウイルス感染制御学 I・教授)との間で、当社が独占的に利用できるライセンス契約を締結いたしました。本成果物は「ノロウイルスVLPを特異的に認識するモノクローナル抗体を作出するハイブリドーマ」と「ノロウイルスVLPを作出可能な組換えバキュロシードウイルス」です。

プレスリリースはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧