大日本住友製薬、(開示事項の経過)米国における非定型抗精神病薬「LATUDA」の後発品申請に対する特許侵害訴訟の終結について

(2018.12.06 10:03)

 大日本住友製薬株式会社は、当社が保有する非定型抗精神病薬「LATUDA」(一般名:ルラシドン塩酸塩)の用途特許(米国特許番号:9,815,827)/製剤特許(米国特許番号:9,907,794)の侵害を理由として、当社の米国子会社であるサノビオン・ファーマシューティカルズ・インクと共同で、複数の後発品メーカー(全16社)に対して、2018年2月に米国ニュージャージー州連邦地方裁判所に提起していた特許侵害訴訟(以下「本訴訟」)に関して、2018年11月27日付けのプレスリリースで、全ての被告との間で紛争が終結したとお知らせしていましたが、このたび、裁判所への必要書類の提出と確認の手続きが全て完了し、12月3日(米国東部時間)付けをもって正式に本訴訟が終結しましたので、お知らせします。

プレスリリースはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「異常な蛋白質に対する低分子薬の2つのアプローチ」
    2019年6月7日開催!不安定な標的蛋白質の立体構造を安定化する「シャペロン薬」、ユビキチン・プロテアソーム系を利用して標的蛋白質を分解する「標的蛋白質分解誘導薬」。最新の研究開発状況と、2つのアプローチの棲み分けを解説する。
  • 「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧