東北大学学際科学フロンティア研究所 早瀬元・助教と大学院工学研究科ロボティクス専攻 野村慎一郎・准教授はシリコーン組成モノリス型多孔体「マシュマロゲル」に脂質を吸着させた後に緩衝液を染みこませてスポンジのように絞り出すことで、ジャイアントベシクル(リポソーム)分散液を一度に大量生成する技術を開発しました。この簡易手法はジャイアントベシクルを必要とする細胞研究のツールとしての他、医療や化粧品などへの応用が期待されます。本発表はLangmuir掲載号のカバーアートに選ばれました。

プレスリリースはこちら