日立化成株式会社(本社:東京都千代田区、執行役社長兼CEO:丸山 寿、以下:日立化成)の子会社で再生医療等製品の製法開発・受託製造を行うHitachi Chemical Advanced Therapeutics Solutions, LLC(本社:米国ニュージャージー州、社長兼CEO:ロバート・プレッティ、以下:HCATS)は、このたびグローバルヘルスケア企業のグラクソ・スミスクライン(本社:英国ロンドン、CEO:Emma Walmsley、以下:GSK)と、治験薬の受託製造に関する3年契約を締結しましたので、お知らせします。今回の契約によりHCATSは、悪性黒色腫をはじめ各種腫瘍に発現するNY-ESO-1がん抗原を標的とするSPEAR T細胞治療薬を製造します。なお、本治療薬は、GSKの米国、カナダおよびヨーロッパにおける臨床試験に使用されます。
 
 プレスリリースはこちら