近年、国産レモンに対する需要が高まっており、広島県や愛媛県などを主な産地として生産量が伸びています。しかしながら、レモンはカンキツの中でも病気に弱く、産地拡大が課題となっています。“璃の香”は、農研機構 果樹茶業研究部門によって開発されたレモンの新品種で、耐病性に優れ、豊産性で搾汁率も高いことから、今後の普及が期待されています。その風味は、まろやかな酸味と従来のレモンにはない華やかな香りが特徴です。果汁は和食にもよく合い、料理の引き立て役としても活用が見込まれています。

プレスリリースはこちら