神戸大学大学院医学研究科の仁田亮教授、今崎剛特命助教らの研究グループは、理化学研究所生命機能科学研究センターの白水美香子チームリーダー、同放射光科学研究センターの重松秀樹研究員、室蘭工業大学の徳楽清孝准教授らとの共同研究により、体中のあらゆる細胞の形を制御する微小管結合タンパク質の1つ「MAP4 」の詳細な構造を明らかにすることに成功しました。

プレスリリースはこちら