東北大学大学院理学研究科化学専攻・西澤精一教授、佐藤雄介助教のグループは、細菌のリボソーム活性部位であるリボ核酸(RNA)Aサイトに対して、非アミノグリコシド系分子として世界最強の結合力を持つ蛍光性小分子を開発することに成功しました。

プレスリリースはこちら