エクソソームを代表とする、小型細胞外小胞(small extracellular vesicle, sEV)は、癌細胞、間葉系幹細胞など様々な細胞種から細胞内の後期エンドソームである多胞体(multivesicular body, MVB)を介して分泌されるナノメートルサイズの小胞体である。エクソソーム(sEV)にはタンパク質やmRNAやmiRNAが含まれており、細胞間の伝播を仲介する事から、新しい細胞間伝達シグナルとして注目されている。しかし、どのような機構で特定のタンパク質がエクソソームへ輸送されるのかは不明であった。
 
プレスリリースはこちら