兵庫医療大学薬学部の大野喜也助教、田中稔之薬学部長/教授らの研究成果が、腫瘍学における世界で権威ある医学雑誌のひとつ「Oncogene」誌に掲載されました。この研究は、兵庫医療大学と大阪大学の共同研究の成果として発表されました。本論文は、悪性中皮腫における癌幹細胞の新しい制御機構を明らかにしたものです。また、研究グループは同論文の中で、その制御の中心となるシグナル伝達系を阻害したときの癌細胞の増殖阻害効果を示し、それらを標的とした悪性中皮腫の新たな治療戦略を提唱しました。

プレスリリースはこちら