東京大学 医科学研究所の中内 啓光 特任教授、山口 智之 特任准教授、濱仲 早苗 特任研究員らの研究グループは、多能性幹細胞のキメラ形成能を利用した「胚盤胞補完法」により、血管内皮・血液細胞欠損マウス体内にマウスESおよびiPS細胞(ドナー細胞)由来の血管内皮と血液細胞を作製することに成功した。

プレスリリースはこちら