東北大学大学院歯学研究科 分子・再生歯科補綴学分野の渡辺 隼(わたなべ じゅん)医員、山田将博(やまだまさひろ)准教授および江草 宏(えぐさ ひろし)教授らは、強力な抗酸化能をもつN-アセチルシステイン(NAC)を応用し、間葉系幹細胞(MSC)の酸化ストレスに対する抵抗性を増強させ、局所移植による骨再生を促す細胞調整技術の開発に成功しました。

プレスリリースはこちら